歯が黄ばむ原因って?変色した歯は白く戻るの?

毎日ちゃんと歯磨きをしていても歯は徐々に黄ばんでいきます。
歯磨きをしていても歯が黄ばむのは、日常生活でしていることが原因だったりします。

特に、極端に黄ばんでいる人は日常生活でしていることを改善した方がいい場合もあります。

歯が黄ばむ原因

タバコ

歯の表面はエナメル層で覆われており、そこにタバコのヤニ(タール)が徐々に付着し、ステインという物質に変化し、黄ばみとなって現れます。

ステインは一度ついてしまうと歯磨きではとれない汚れです。
喫煙者に歯の黄ばみが目立つ人はタバコのヤニが原因と言えます。

飲食物

飲食物も代表的な黄ばみの原因の一つです。
ワインやコーヒー、カレーやブルーベリーのような色の濃いものもタバコと同じで歯に付着するとステインに変化してしまいます。

子どもが好むココアやチョコレート、日常で飲むウーロン茶や紅茶なども歯の黄ばみの原因です。

加齢

年齢を重ねると共に歯は黄色くなります。

歯の表面を覆っているエナメル質の下にある象牙質は、加齢とともに色が濃くなり、エナメル質が薄くなるにつれて象牙質そのものの色が透けて見えるようになってきます。

虫歯や詰め物による変色

虫歯の特徴と言えば黒くなることですが、その影響により歯が変色していきます。
また、治療を受けて詰め物をした歯も経年的劣化により黄ばんで見えるようになります。

口内の乾燥

唾液が少ないと口の中は乾燥してしまいます。

乾燥すると唾液による「洗浄効果」が弱くなるため、次第に歯に汚れが着色していきます。
口呼吸や歯並びが悪く口を閉じにくい人によく見られる原因です。

歯を白くする方法

white

上記で上げたものは一般的に「ホワイトニング」や「PMTC」と呼ばれるもので歯を白くすることが可能です。

ホワイトニングは歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、プラズマ、レーザーなどを当てホワイトニング剤を活性化することで歯を白くさせます。

PMTCはホワイトニングに比べあまり聞き慣れない言葉ですが、正式名所は「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」
専用の器具を用いて歯垢や着色汚れ、最近を取り除き歯を白くするだけでなく、虫歯や歯周病を防ぎ、更には歯の質を強化してくれます。

自宅で出来る方法として市販で売られている歯の専用の消しゴムなどを使って歯を白くすることが可能です。

しかし使いすぎると歯を傷つけてしまうので、一週間に一度の使用が目安とされています。
また、普通の歯磨き粉より着色汚れに特化したホワイトニング歯磨き粉を使うのも効果的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です