子どもの歯が虫歯になりやすい原因って?

虫歯はいつ誰にでもなる歯の病気ですが、比較的子供の方が虫歯になりやすいと言われています。
お菓子をよく食べる、歯をちゃんと磨けていないなどの理由もありますが、乳歯は永久歯に比べ虫歯になりやすい歯なんです。

しかも乳歯の虫歯は永久歯よりもやっかいなもの。
乳歯が虫歯になった時にどうするのが正しいのかを親はちゃんと理解していないといけません。

乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすい

乳歯はもともと永久歯よりも虫歯になりやすい歯です。

乳歯は歯の表面を守ってくれるエナメル質が弱い上に、厚さも永久歯に比べ2分の1程度しかありません。
このため虫歯になって歯が溶け始めると、比較的早く虫歯が神経まで進んでしまいます。

子供の歯は痛みの感覚があまり発達しておらず、痛みがあっても気づきにくいので虫歯が大きく進行してしまうことが多いのです。
これ以外にも虫歯が大きく進行してしまう原因として、虫歯の『色』にあります。

永久歯になる虫歯は黒や茶色などですが、乳歯の虫歯は白いこと多いです。
白い虫歯は黒い虫歯に比べ、進行度が早いため、虫歯になっても気づかず進行してしまいます。

また、乳歯の奥歯は溝が細かく、汚れが溜まりやすい形をしています。
歯磨きをちゃんとしていても子どもの歯が虫歯になりやすいのはこういった理由があるからなのです。

乳歯の虫歯は放っておくと大変なことになる!

乳歯はいずれ抜けるから放っておいても大丈夫、なんて考えはとっても危険です!
乳歯の虫歯は永久歯にも悪影響を及ぼすものです。

虫歯は虫歯菌による感染症の一つです。乳歯に虫歯があると、口の中の虫歯菌も増え、新しく生えてきた永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。
虫歯菌に感染した永久歯は、感染していない歯に比べて、虫歯になるリスクがかなり高くなってしまいます。

また、乳歯には永久歯が生えてくるスペースを確保したり、永久歯を誘導したりする役割があります。

しかし、乳歯の虫歯が進行すると、歯の神経の部屋にもばい菌が感染し、歯の根の先などに膿が溜まることがあります。
するとその影響で、永久歯が曲がって生えてきたり、歯並びが悪くなる場合もあります。

乳歯が虫歯になった時は?予防方法は?

乳歯が虫歯になった時の対処法

乳歯が虫歯になっているのを見つけたらすぐに病院に行きましょう。

乳歯の虫歯は黒くなっているものもあれば、白くにごっているものもあります。
白くにごっているものは初期の虫歯なので、この段階で歯医者に行けば乳歯を削らずに済みます。

しかし、神経にまで虫歯が進行していると神経を取ったり、歯を抜かなければいけない場合があります。
乳歯を生え変わりのタイミングの前に抜いてしまうとその後の永久歯が上手く生えてこなかったりと様々な影響が出てしまいます。

また、子どもにとって歯を抜くことはかなり負担が大きいものです。
小さな虫歯でも、見つけたらすぐに病院に行きましょう。

乳歯が虫歯にならないためには

乳歯が虫歯にならないために一番大切なことは毎日の歯磨きです。
毎食後の歯磨きで、特に虫歯になりやすい箇所を磨いてあげましょう。

子どもは食事の回数が多いです。
毎食後全部の歯を歯磨きをしていたらとても大変ですので、虫歯になりやすい噛む面の溝、歯と歯ぐきの間を優しく磨きましょう。

特に寝ている間は虫歯菌が増殖しやすいので、寝る前にはしっかり仕上げ磨きをしてあげてください。

また、デンタルフロスを使うことで虫歯予防にもなります。

乳歯で一番虫歯になりやすいのは奥歯の歯と歯の間です。ここはデンタルフロスでないと歯磨きで汚れを取ることは難しいです。
こちらも寝る前に一度デンタルフロスを通してあげてください。

フッ素入りの歯磨き粉を使うのも効果的です。
フッ素はエナメル質を強くし、虫歯予防があるので、子供用の歯磨き粉でフッ素入りのを選ぶのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です