乳歯から永久歯へ生え変わる時期と順番

小さいお子さんがいる親御さんは子供の体の変化は一番気にしますよね。
歯が抜けたり生えてきたりするのも体の変化の一つです。

乳歯がいつ、どのタイミングで抜けるのか。次に生えてくる永久歯は綺麗に生えてくるのかを親御さんはしっかり理解しておきましょうね。

乳歯の生え変わりの時期

乳歯の生え変わりの時期は一般的に6歳~12歳と言われています。

4、5歳で生え変わらない、と心配する親御さんもいますが、一般的には6歳ごろから生え変わるので心配しなくても大丈夫でしょう。

生え変わりには個人差があるので、早い子だと5歳から生え変わる場合もあるようです。

乳歯から永久歯への生え変わりの順番

icon_gum2

一般的に一番早く抜ける乳歯は「乳中切歯(にゅうちゅうせっし)」と呼ばれる下の前歯2本で、その後に上の前歯2本が抜ける子が多いようです。

上と下の前歯が抜けた後は、「乳側切歯(にゅうそくせっし)」と呼ばれる下の前歯の隣にある左右1本ずつで、その後上の前歯の隣にある左右1本ずつが抜けます。

このように前歯から外に、下の歯から上の歯に順番に抜ける場合が多く、その後は乳側切歯の隣の「乳犬歯(にゅうけんし)」、「第一乳臼歯(にゅうきゅうし)」「第二乳臼歯」と、奥歯に向かう順番で抜けていきます。

ただ、上の歯の生え変わりは、下の歯と比べて順番が少し変わる場合があります。

上の歯は前歯、乳側切歯きてその次に一個飛ばした第一乳臼歯、第二乳臼歯、最後に乳犬歯といった生え変わりになる子が多いです。

下のはは前から順番に生え変わることが多いですが、上の歯は前から順番に生えてきていないため、乳犬歯が生えるスペースが十分にないと八重歯になって生えてきます。

乳歯が抜けてないのに永久歯が生えてきた場合

character_shock

乳歯がグラグラしている状態なら経過を見て乳歯が抜けるのを待ちましょう。
ただ、グラグラしているのに抜けないときは歯医者さんで診てもらいましょう。

場合によっては抜歯をするかもしれませんが、麻酔をするので歯茎や、生えてくる永久歯にを傷つけることなく抜歯することができます。

乳歯がグラついていないのに永久歯が生えてきた場合はすぐに歯医者さんに行って診てもらいましょう。
放置しておくと後の歯並びに影響してきます。

乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこない場合

乳歯が抜けたのに永久歯がなかなか生えない場合は、歯ぐきが厚くて生えてくることができなかったり、他の歯にひっかかって生えてこない場合があります。

乳歯が抜ける時期と永久歯が生えてくる時期には3ヶ月から6ヶ月ほど差があります。
また、永久歯が完全に生えるまでには乳歯が抜けてから1年かかることもあります。

歯が生え変わる時期にはかなり個人差があるものです。
乳歯が通常よりも早く抜けたり、永久歯が生えてくるのが遅かったりする場合は、乳歯が抜けたあと永久歯がなかなか生えてこないケースも珍しくありません。

乳歯が抜けて半年以上しても永久歯が生えてこないようなら、「埋伏歯」や「先天性欠如歯」の可能性が考えられます。その場合は歯科医に相談しましょう。

・埋伏歯(まいふくし)…歯が生えてくる時期が過ぎても、歯の全部または一部が、歯ぐきの下またはあごの骨のなかに埋まって出てこない状態のこと

・先天性欠如歯…乳歯が抜けても永久歯が生えてこない、歯(永久歯)の本数が少ない状態になってしまう歯の形成異常のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です