親知らずとは

親知らずとは大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。
親知らずは永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。

永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10代後半から20代前半であり、親の目が届かなくなった頃に生えてくることからこの名前がついたそうです。

親知らずはトラブルが起こりやすい歯としても有名ですが、実際抜いたほうがいいのか、抜かなくてもいいのか自分では分からない時がありますよね。
親知らずが及ぼす影響や、抜かなくてもいい場合を紹介したいと思います。

親知らずを抜いたほうがいい場合

親知らず、または親知らずの手前の歯が虫歯になった

親知らずは自分でも見えにくい歯なので気づいたら虫歯になっているケースが多いです。
一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後の手入れも困難です。

治療ができたとしても再び虫歯になる可能性があり、親知らずがむし歯になったらあえて治療をせずに抜いてしまった方がよい場合があります。

また、手前の歯もむし歯になってしまった場合は、すみやかに親知らずを抜いてその手前の歯の虫歯を処置する必要があります。
長期にわたって放置すると親知らずの手前の歯までも悪くなりすぎて抜くことになる恐れもあります。

真っ直ぐ生えていない

oyashirazu3

人によっては親知らずが横向きや斜め生えてくることがあります。横向きや斜めに生えてきた場合、まっすぐ生えてきた時とは違い様々な問題が生じてきます。

よくあるのが腫れや痛みを引き起こすことです。親知らずが不完全な生え方をすると周りに食べかすや細菌が溜まりやすくなり、歯茎に炎症が起こります。歯茎に炎症が起こると腫れや痛みが生じます。

ひどくなると口が開かなくなったり、顔が腫れていたり熱が出ることもあります。
また、食べかすや細菌の影響により虫歯や歯周病にもなりやすいです。

噛み合わせが合わない

親知らずが真っ直ぐ生えていない、全部生えていない場合、噛み合わせが合わないことがあります。

歯の汚れは歯と歯がぶつかったり、食べ物をよく噛んだりすることによって落ちたり、付きにくくなったりします。
噛み合わせが悪いと歯垢が付きやすく、歯が当たる部分が少なくなり、自然に汚れが落ちないため、虫歯になってしまいます。

また、噛む力が真っ直ぐに加わらず、噛んでいる歯だけに負担がかかるため歯周病にもなりやすいです。
他にも顎関節症や頭痛になりやすかったり、顔がゆがみやすいなど身体への負担がかかります。

親知らずを抜かなくてもいい場合

親知らずが真っ直ぐ生えている

oyashirazu4
多くの親知らずは横や斜めになり、親知らずの周りに細菌が溜まり、腫れや痛み、口臭の原因になりますが、親知らずがまっすぐ生えていれば、歯磨きがしやすいため、親知らずを抜く必要がなくなります。

親知らずが上下噛んでいる

親知らずがしっかり噛んで歯として機能している場合は親知らずを抜く必要がありません。

逆にどれか一つを抜いてしまうと噛み合わせが悪くなる場合もあるので、きちんと揃っていれば抜く必要はありません。
特に前歯が噛んでいない開口(かいこう)の方は親知らずが噛み合わせにとって重要な方もいます。

親知らずが顎の深くにあり、歯や歯茎に影響がない

親知らずが顎の奥深くにある周りの歯や骨に悪い影響を与えることはないと考えられ、痛みや腫れなどの症状がなければ直ちに抜く必要はありません。

もし、抜く場合は外科的に大きな処置になる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です