意外と知られていない歯周病の恐ろしさ!原因と症状について

CMでもよく耳にする歯周病という言葉。
何となくは知っていても、自分には関係ないと思っている人も多いと思います。

しかし、歯周病は誰でもなる歯の病気です。
歯周病を放っておくと最悪の場合歯を抜かなければなりません。

そうなる前に、歯周病の原因を理解し、自分で出来る対策をしておきましょう。

歯周病になる原因

歯周病のほとんどは、歯垢中の細菌が原因でおこります。

歯磨きが充分でなかったり、砂糖など甘いものを過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強いため、うがいをした程度では落ちません。
歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。

このように、歯磨きが行き届きにくい場所に多くの細菌が溜まり、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

また、歯ぎしりや不規則な食習慣、喫煙、ストレスなども歯周病を進行させる原因です。

歯周病の症状

歯周病は、別名『サイレントキラー(静かな殺し屋)』と呼ばれ、気付かないうちに歯の周りの骨を溶かしていく病気です。

初期の段階では歯磨きで出血したり、歯ぐきがムズムズするといった症状しかないため歯周病だと気づきにくいです。

しかし、歯周病が悪化すると歯がグラグラしたり、歯並びが悪くなってきたりと、放置しておくと歯を抜く事態にまでなります。

sisyubyo1
歯茎と歯茎の隙間もなく、しっかりとしまっています。

sisyubyo1
歯茎が赤く腫れあがり、歯を磨いたり硬い物を食べると出血することもあります。

sisyubyo3
ポケットの炎症が慢性化し、骨が溶けはじめます。
口臭も発生し、歯が浮いたような感覚になります。

sisyubyo4
歯根を支えている骨がほぼ溶け、歯根が露出し、歯のぐらつきが酷くなります。

ここまで進行すると痛みもあり、食事がしづらいです。
口臭もかなりきつくなります。

歯周病にならないためには?

歯周病は普段の生活で予防することが可能です。

毎日正しい歯磨きをすることで歯垢を取り除くことができます。
そのためには自分に合った歯ブラシを選ぶことです。

歯ブラシの毛足はストレートで毛束は 3~4 列ぐらいで清掃しやすく、通気性のよいものを。
健康な人は歯ブラシの硬さは普通かやや硬め、歯ぐきに炎症がある人は柔かめのもの使いましょう。

喫煙をしている人は少し控えてみましょう。
タバコの煙の中には、タール、一酸化炭素、ニコチンをはじめとして、数多くの有害物質が含まれています。

タールはヤニとして歯に付着し、さらにその上にプラークが付着しやすくなります。
煙草を控えることで歯周病の悪化を防いでくれます。

また、歯周病の症状がかなり進んでいるという方は病院に行きましょう。
病院では正しい歯磨きの指導から歯の表面と歯茎の歯石除去などのメンテナンスを行ってくれます。

自分の歯を失う前に、予防、治療で歯周病を治しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です