日本の予防歯科事情を解説!保険適用外料金の予防を勧める理由とは?

「英雄など酒場に行けばいくらでもいる。だが、歯医者の治療台には一人もいない。」

こんな言葉に納得させられるくらい、歯医者っていうのは怖いイメージがありますよね。
ですが、それは我々日本人の歯医者との向き合い方に問題があるといえます。

浸透しているようで中々実践できている人が少ない「予防歯科」という向き合い方について、ここに書きたいと思います。

日本の歯医者=治療、アメリカの歯医者=??

日本の歯医者=治療、アメリカの歯医者=??

まず、皆さんはどういったタイミングで歯医者に行くでしょうか。
定期的に歯医者に行った方がいい…なんていう話を聞いたことがある人も多いかと思われます。

ですが、実際には「痛くなった」「虫歯があるっぽい」「歯茎が腫れてる感じがする」「歯が欠けた、銀歯が取れた」などなど。

そういった歯に異常が生じた時に「治療しに行く」という感覚で歯医者に行っている人が大半なのではないでしょうか。

日本人の多くは「歯医者=歯の治療をしてもらう所」という認識になっています。

一方で、アメリカの北にあるアメリカではもう少し違うとらわれ方をしているんです。
アメリカでは「歯医者=歯の異常を予防する所」という認識を持っています。

つまり、歯の異常を予防する「予防歯科」という考え方を持った人が多いんですね。

アメリカ人は歯にとても気を使う人が多いんです。
日本で歯並びが悪い人を見かけると「なぜあの人は歯の治療をしようとしないんだい?」と訪ねてくるほどだそうです。
これはアメリカのみならず、欧米諸国で多い傾向にあります。

なぜアメリカ人と日本人の間にこれだけの意識の違いが見られるのか。
日本でイマイチ「予防歯科」が浸透しないのかについて考えてみましょう。

日本で予防歯科がイマイチ浸透しない理由

日本で予防歯科がイマイチ浸透しない理由

病気に対して「予防」が大事なんていうこと自体は、誰でも理解していることだと思われます。
しかしながら、歯医者と聞いて「歯を予防するために行く場所」という発想まで持っている人は少ないはずです。

なぜ、そこに意識の差が生まれるのか、その理由を3つ挙げてみました。

健康保険制度が充実しているから

日本で「予防歯科」がイマイチ浸透しない理由のうち、最も大きいのが健康保険制度だと考えられます。
「健康保険制度が充実していることはいいことじゃないか」と思われる方も多いでしょう。それは確かにいいことです。

アメリカは健康保険制度という考え方自体があまり定着していません。
そのため、虫歯治療にも高額な医療費がかかってしまいます。

虫歯一本を治療するのに、アメリカでは25万円程かかってしまうんです。
日本では保険範囲内でしたら高くても3万円程度といったところでしょうか。

虫歯一本で20万円以上の差が出てしまうんです。日本って実は虫歯治療に関しては世界レベルで見てもかなり安価なんですよ。

ところがです。制度がいくらしっかりしていても、人の「意識」まではうまく誘導できないものなんです。
皮肉なことにアメリカ人の方が歯に対する意識は高いんです、みんな予防するくらいですから。

虫歯一本の治療で25万円も支払うことになる→そうならないためにもしっかりと予防しよう!
安く治療出来るんならそれでいいや→予防なんて歯を毎日磨いてればいいでしょ!

そう、アメリカ人の多くの人は歯の治療に大金がかかるのを知っているため、絶対に虫歯にならないように注意深く予防しているんです。

一方、日本では世界的に見ても優良な保険制度があるが故に、逆に制度に頼りきりになってしまって、予防がおろそかになってしまうんですね。

政治家が用意する制度にすがっていても仕方ない、自分の人生を豊かにするのは自分自身なんだというのを改めて再認識させられます。

予防歯科は保険適用外

予防歯科は保険適用外

更に付け加えると、日本では予防歯科と呼ばれる施術には保険が適用されないということも、予防歯科に対する意識の低さに影響があります。

予防歯科にはプロ(歯科衛生士)による虫歯・歯周病チェックや歯垢除去などのクリーニングといった施術があります。
そうした施術なんですが、日本では歯周病治療など「治療」の一環として行う場合は、保険が適用されるんですが…

一方で、治療と関係ない施術となると保険適用外の「自費治療」となってしまい、8,000円〜10,000円程かかってしまうんです。
「別に痛くもないのに10,000円も出すのはちょっと…」なんて思うと、やっぱり歯科予防から足が遠のいてしまいますよね。

「歯医者=怖い所」イメージの浸透っぷり

日本で予防歯科がイマイチ浸透しない理由に健康保険制度が大きく影響しているのはご理解いただけたでしょうか。
もちろん、健康保険制度のおかげで私たちの暮らしは大幅に楽になっているのは事実ですが、「予防はしっかりと自分でするべし」というのは意識しておいてください。

皆さん含め「予防が大事なんてことはわかっている」と思うんです。
そうなるとやっぱり「歯医者=怖い所」のイメージの影響は大きいんでしょうね。

ただ、皆さんが歯医者で死ぬほど怖い思いをした時って、よくよく考えると「ちゃんと予防していれば行かなくてよかったのかな?」って結論になると思います。

「歯医者=死ぬほど怖い所」というイメージにならないためにも、定期的に「予防歯科」を実践していきましょう!

ネイルにお金をかけるくらいなら歯にお金をかけるべし

ネイルにお金をかけるくらいなら歯にお金をかけるべし

私の通っている歯医者が実際に仰っていたんです「ネイルにお金をかけるくらいなら歯にお金をかけるべし」って。
ネイルや髪、肌等など…自分の身体って気になるところがたくさんありますよね。

ですが、やっぱり歯なんですよ。気にするべきところって。
歯が汚い人って、周囲から「大丈夫なのかな?この人」って思われるんですよ。

臭いもしますし、痛くもなります。歯がダメになるっていうだけで仕事もままならないは、食事も満足に取れない…。

食事がちゃんと出来ないって、それ即ち「死」って言っても過言ではないですよ。

歯を大事にしたい、歯医者で怖い思いをするのは嫌だ、美しい歯をいつまでも保っていたい、もう虫歯はこりごり…
一つでも思い当たる節があるんでしたら、ぜひ信頼のできる歯医者で「予防歯科」をしてもらいましょう!

万が一、現時点で虫歯があるって発覚したとしても、麻酔なしで治療できる可能性もあります。
日本では若干お高く感じる予防歯科の料金も、費用対効果で考えれば全然安いですよ。

予防歯科は3ヶ月〜半年に一回行けば十分です。多少の出費で毎週歯医者に行かなければならない生活とおさらば出来ますよ。

何より、虫歯治療で神経を抜くときのあの怖さを感じないで済むのなら…ぜひ皆さんには予防歯科の実践をお勧めしますね!(切実)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です