歯科医院で受ける予防処置

歯医者に行くときって虫歯になった時とか、歯が痛いなと感じたときに行きますよね。

でも、気づいてから行くよりもそうなる前に歯医者に行くことが重要なのです。
歯医者で受けられる予防処置は様々なものがあります。

虫歯、歯並びの検査

歯並びが悪いことで歯垢が溜まってないか、虫歯になっていないかを検査します。
初期段階の虫歯などが発見された場合は削らずに経過観察をしたり、その人に合ったブラッシング指導をします。

歯周検査

歯周病の進行度合いの指標となる、歯周ポケットの深さ、出血がある部位、プラークの付着度合い、歯の動揺度合いなどを検査し、どのような歯周病治療が最適なのかを精査します。

クリーニング

歯の歯垢や歯周ポケットに隠れている歯石などを治療するときに使われる用語です。
歯周病の原因となる歯石を歯科医院で取り除くときに、その治療を指すことがあります。

定期的に行うことで歯周病はもちろんのこと、虫歯や口臭の予防にも高い効果があります。

スケーリング

歯周病や虫歯の原因となる歯石を取り除く方法の一つとして、「スケーラー」という器具を使う手法をいいます。
歯石とはプラーク(歯垢)が唾液中のカルシウムで硬くなったものです。
口の中に溜まった歯石を除去することにより、歯周病の原因を防ぎます。

ただ、歯石は一度除去しても時間の経過とともに再形成されるため、定期的に除去することが望ましいといえます。

ルートプレーニング

歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため通常のスケーリングではとれない場合があります。
その時に歯周ポケットの奥深くの歯石の除去などをするのがルートプレーニングと言います。

PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)

PMTCとは、歯科医院の専用器具で歯をクリーニングすることです。
歯磨きをしていても、すでに歯に定着して個人では落とすことの出来ない汚れや、プラークの元となるバイオフィルムを専門の機器や技術を使って除去することです。

これらの処置を行うことで、虫歯の予防はもちろんのこと、歯周病対策にも非常に効果的です。
また、口臭対策や、歯の健康に役立つ方法としても重要です。

フッ素塗布

フッ素には、歯の表面(エナメル質)を強化する効果があります。
歯の表面に高濃度のフッ素を塗って虫歯を約20~40%予防します。

初期段階の虫歯を治したり、虫歯菌の活動を抑える役割もあります。

ホワイトニング

ホワイトニングは歯の色素を落とすばかりではなく、歯を根本的に白くしてしまうという手法です。
歯の表面を強引に傷つけることなく、歯の色素を分解して、白さと明るさをあげることが出来ます。
また、最近では自宅で可能なホームホワイトニングというのもあります。

シーラント

子どもの奥歯には大きな溝があります。
そのため、奥歯のかみ合わせの部分にプラスチックを埋め込み、それによって虫歯の進行を抑制し予防効果を持たせようとする手法です。

歯の溝には食べかすやプラークが溜まるために、虫歯が出来やすく、この虫歯が発生する前にフッ素加工をしたシーラントを埋め込むことによって、フッ素が膜になって虫歯から守る効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です